お知らせ

第15話 上棟

 

皆さま、こんにちは。

デッサン一級建築士事務所の志賀です。

 

 

 

いよいよ上棟です。

 

上棟とは柱や梁などを組み立てて

屋根の1番上の部材である棟木を

取り付けることを言います。

 

 

大事な一つの区切りを迎えます。

 

 

精度が良く丈夫で安心安全なお家を

お作りしていきます。

 

 

 

 

しかし昨今では

腕の良い熟練した職人が減っている現実があります。

 

それに伴って、建築の工法も変化させなければなりません。

 

 

 

 

「建築の工法の変化、、?」

 

 

 

はい。

 

木造住宅は大きく分けると

柱と梁で作る在来工法と

パネルで作るツーバイフォー工法があります。

 

またログハウスのような特殊な建物もございますが

一般的にはこの2つの工法で建てられております。

 

 

 

在来工法はプレカットされた柱と梁を組み上げて作ります。

ほぼ1日で柱と梁が組み上がり、そこから2週間かけて

金物取り付けや下地工事を行います。

工法が複雑なため、職人の技量や熟練度によって

仕上がりに差が出ることもあります。

 

 

一方、ツーバイフォー工法は工場でパネル化されているので

1日で壁、屋根まで完了することが出来ます。

工場で作られる部材で精度も良く

しっかりとしたパネル材で作られる住宅は

より一層強度が増していきます。

 

 

 

(画像お借りしました)

 

 

 

 

精度の高いパネル住宅で

安心安全なお家を作りましょう。

 

 

 

 


第14話 安心な基礎工事

 

皆さま、こんにちは。

デッサン一級建築士事務所の志賀です。

 

 

 

今回は基礎についてお話させて頂きます。

 

基礎とは建物を支える土台の部分のことです。

そのため基礎工事とはお家を建てるのに

とても重要な工程です。

 

 

 

「何事も基礎は大事なんですね」

 

 

そうなんです。

ですが、ローコストだと

強度がきちんとしているのか

心配になりますよね?

 

当社では基礎工事を始める前に

設計段階で地盤の確認をいたします。

 

融資が決定次第、敷地に建物の位置を出し

そのポイントを地盤測定いたします。

 

スエーデン方式を用いて

約5メーターほど掘削し地質を調べます。

 

 

(画像お借りしました)

 

 

地の硬さなどを調べて柔らかい場合には

杭工事または地盤改良工事などを行い

基礎を支えるような形で補って参ります。

 

 

 

 

屋根工事の重さも大切で

瓦は重い屋根

ガルバリウム鋼板屋根や

アスファルトシングル向きの屋根等は

軽い屋根と表記いたします。

 

 

(LIXIL様HP参照)

 

 

屋根を軽くしますと地震があったときには

頭の部分が振られることがなく対策には

非常に有利となります。

 

よって基礎の補強なども必要にならないケースが少なくありません。

 

 

 

もう一つ大切なのが地盤保証です。

 

地盤調査の結果、地盤調査外車で地盤の保険に

加盟することができます。

このことが大切で後々の建物の保証にも繋がることになってきますので

担保して更に安心していただきたいと思います。

 

 

屋根を軽くして安心な基礎にしましょう。

 

 

 

 


第13話 着工

 

皆さま、こんにちは。

デッサン一級建築士事務所の志賀です。

 

 

 

今回は着工についてお話させて頂きます。

着工とは建物の工事を始めることを言います。

 

 

 

「これからお家が形になっていくんですね」

 

 

そうです。

いよいよ夢の実現です。

 

今まで銀行の仮審査や設計のプランを決めるのに大変でしたね。

これからはいよいよ現実的な話になってきます。

 

デッサンの建物作りの進行状況は

ホームページに記載しております。

 

工事が始まる前にまずは地鎮祭と言う祭典を行います。

神主さんの手配や祭壇に飾るものの手配を悩む方がいらっしゃいますが

営業スタッフに相談し進めて参ります。

 

 

 

「分からないことばかりですが、相談出来るスタッフさんが居れば安心です」

 

 

はい。どんな些細なことでもお気軽にご相談下さいね。

 

 

 

(当社の地鎮祭の様子です)

 

 

 

地鎮祭が終わりますと基礎工事の着工の準備となります。

 

土地に建物の位置を確定します。

確定の後、浄化槽や駐車場、エアコンの位置

オール電化給湯器エコキュートの位置等を再度確かめます。

 

女性の方によく質問される事は

浴室の窓や脱衣室の窓、トイレの窓の位置が

外部からどのような形で見えるかと言う内容が多いですね。

 

基礎着工前にもう一度、現地での建物形状や窓の位置を

改めて確認することは必須事項です。

 

 

 

地鎮祭で着工前の建物の形、窓、浄化槽等の再確認をして

より良い環境を作りましょう。

 

 

 

 


ラジオ放送内容

 

 

令和2年6月18日 木曜日

電話でグッドニュース放送内容を再度ご案内致します。

 

 

 

☆新しく出来ました、夢ハウスカタログいかがですか?

 

日本一番の住宅商品カタログと言われただけありまして

迫力があります。

 

なんと言っても平屋に小屋裏部屋

吹き抜けと夢が詰まった家になります。

 

四倉モデルハウスにて同時開催しておりまして

カタログを無料で進呈しております。

 

四倉では部材展示のみとなりますが

カタログを見ればイメージ出来ます。

 

7月20日には新型モデルがオープンするとの情報も入りました。

 

 

 

☆今週も高性能住宅の土日見学会3箇所です。

予約ナシの方は午後13時から17時まで

スタッフが待機しております。

 

ゞ織丘1丁目 酒の石川さん、セブンイレブンさん近く

新しい生活様式のログハウスモデルです。

 

∋輿6号線モデルハウス ダイユーエイトさんの南

オシャレな北欧住宅です。

アイランドキッチン、塗り壁など魅力的満載。

 

同時開催は夢ハウス 平屋です。

新しいカタログが出来ました。

カタログは無料で進呈いたします。

このカタログを手にした方は家が欲しくなります。

 

デッサンは新しく住宅ブランドとして立ち上げます。

規格化し工場生産型、いい物を安く提供致します。

商品名『まるで貯金箱』

 

場所は鹿島町御代で鹿島街道を小名浜方面に向かって左側にあります。

 

 

 

 

 

株式会社 木の力

いわき市小名浜芳浜

 

大きな製材所の中にございます。

 

電話番号☎0246-38-6692

 

 

 

 


第12話 銀行審査

 

皆さま、こんにちは。

デッサン一級建築士事務所の志賀です。

 

 

 

 

住宅ローンの銀行審査では

仮審査と本審査があります。

 

 

仮審査

・返済能力と申込者の信用を主に審査

 カードローンや自動車ローンの

 借り入れ状況なども確認される

 

本審査

・仮審査の場合の審査項目に加えて

 健康状態の確認

 物件に対して担保としての

 価値があるかどうかも審査のポイント

 

 

 

銀行には様々な住宅ローンの商品があります。

 

ローンの利息を安くして

月々の支払いを楽にする

住宅ローンを選びましょう。

 

 

 

 

 

「どんな銀行を選べば良いのか悩みます」

 

 

 

そうですよね。

住宅ローンの金利や条件は各銀行様々です。

 

その中でも自分に合った銀行を探していくのは

なかなか困難なことです。

 

まず条件に合った銀行を3銀行ほど選び

そこから更に絞り込みます。

 

フラット35などの金利が一定のものや

3年固定などの割安な金利で計算しますと

月々の住宅ローン支払いに差が出ます。

 

(画像お借りしました)

 

 

 

 

安心なローンを組むには金利を下げることです。

長期優良住宅やZEH住宅など国の政策に合った性能を

確保できる住宅がお勧めです。

 

 

短期間のローン返済を考えている方でも35年のローンを組み

15年ほどで早めに返済する方も多いです。

 

 

また大きな災害があったときには

住宅ローンの一時返済期間猶予など

いろいろな優遇政策も受けられます。

 

 

フラット35またはフラット35Sがお勧めです。

 

(画像お借りしました)

 

 

 

 

金利の安い住宅ローンを長く借りて

早めに返すことがポイントです。

 

 

 

 


第11話 資金計画

 

皆さま、こんにちは。

デッサン一級建築士事務所の志賀です。

 

 

 

資金計画で大切なのは

建設コストを下げることです。

 

毎月の支払いが少なくなれば

家計への負担が減らせて楽になりますよね。

 

 

 

 

「注文住宅でもアパート家賃並みの支払いって可能ですか?」

 

 

 

はい。可能ですよ。

ですが、注意しなくてはならないのが

注文住宅では自由な部材を選ぶことができるので

結果建設コストが予定よりもオーバーしてしまうことがあります。

 

 

 

注文住宅でコストを抑えるためには

 

・住宅建設コストを安くするには決められた部材で造ることが大切です

 

・間取りも基本的な間取りを抑えて、多少変化する程度の間取りであれば

安く造ることが可能です。

 

その場合大切なのは

高性能住宅を造るために素材をしっかり選ぶことです。

 

 

 

ゼロエネルギーハウス(ZEH)を基準とした家造りが大切です。

 

 

 

 

(国土交通省HP参照)

 

 

 

省エネ住宅を安く造ると建設コストが下げられ

ランニングコストも抑えられるお家になります。

 

 

 



カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最新情報

カテゴリー

アーカイブ

広告